2008年05月04日

タイのグルメのあれこれ

タイのグルメと聞いて、おいしいタイ料理を思い浮かべましたね。

トムヤムクン、トードマンプラー(魚のさつま揚げ)、
クウェティオ・パッタイ(焼きそば)、
ゲーン・キョワーン・ガイ(チキングリーンカレー)、
プーポパンカリー(カニのカレー)、
ヤムウンセン(パパイヤサラダ)、タイスキが、
ぐるぐる ぐるぐる頭をかけめぐりましたね。


タイ王国の観光地でグルメツアーの旅行会社の添乗員さんなら
早口言葉で練習し暗記しいつでもどこでもかまずに
言わなくてはいけない。

これらのあまくって、すっぱっくって、
カラい南国の魅惑的な刺激的な夏がいつでも味わえる料理の数々。

食べたいですね〜。

(こんなに前置き長いのに)でも、

タイのグルメです。

たまの刺激は必要ですが日本人なら鯛でしょう。

グルメとちょっと特別な感じがするタイと言えば魚の王様、鯛ですよ。

もちろん、一番美味しいのはもちろんお刺身。

生・生・生・粋のいい生で食べるのが一番。

プリこり食感の透き通るような白身。

お刺身醤油でも、すった山葵でも、ツマの薬味でも、
例外でイタリアン風にカルパッチョで、鯛の甘み、
ビネガーの酸味、胡椒の辛み。

(ここでもタイ料理のような不思議な美味しさに出会える)

あぁ、おいしい。

生だけじゃない。

春の桜の塩漬けがちょこんと乗ったほんのりピンクの鯛飯。

金目鯛は庶民の味、煮付けの王様。

丸々焼いちゃう塩竃焼きも最高です。

もちろん、おすましも最高。食べた後に残るタイのタイ。

可愛い我が子に説明して、うっかり欲しいと言われ、しまったと思い洗っても臭いはとれないのに渡してしまったお母さん。

日本人なら鯛のネタに困る事は無いと思われます。

挙式に招待されテーブルに必ず置いてあるタイ。

手を付けず、お土産にもらうものの帰っても食べない。

回転寿司のくるくる回るタイのネタもこんなもんかと、
安さに妥協してしまう。カピカピで美味しくないイメージですよね。

これらは、もちろんコストを抑える為にほとんど養殖の魚の王様とはちょっと威張れない鯛のようです。

「タイって言うほど美味しくない」と思った人は、新鮮な日本の(ちょっと以上に高い)鯛を食べてないからなのです。

スーパーの刺身コーナーで高そうに「鯛の刺身・特売品」って売っちゃうからです。

プロのお魚やさんでおすすめの鯛を買わないからです。

やはり高くっても鯛は王様なのです。

おめでタイの鯛なのです。鯛は日本の春の味なのです。

他国にグルメ旅行に出掛けた後は、
やっぱり日本の味がいいな〜と思いませんか?
posted by gartan at 16:19| Comment(43) | TrackBack(2) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本からタイへの行き方について

タイへの行き方で飛行機を思い浮かべると思います。

タイの航空会社としてはタイ国際航空ですが、
日本発の就航ラインの直行便はタイ国際航空の他に、
日本航空、全日空の日本の会社また、ノースウェスト、
ユナイテッド航空、エアーインディア、シンガポール航空などの
たくさんの外国航空会社が入っています。

ほぼ6時間で移動出来ると言われています。

他に香港、上海、台北などの中国経由の経由便も有ります。

どこにしようか悩む所ですが、安全、快適さを選ぶか、
航空券の料金で選ぶか、また観光予定時間を計算するかで
おのずと決まってくると思います。

ところで、飛行機に乗れない人って少ないのでしょうか?

マンガからヒットした「のだめカンタービレ」を語る上での
重大なポイントの一つ、千秋が飛行機に乗れないって事でしたよね。

これは、たしか飛行機恐怖症だったのですが、
海外へ出て初めてわかる飛行機酔いも有ります。

国内の短時間なら気のせいで誤魔化せます(イヤかなりきついけれど)。

車酔いしないのに、船酔いしないのに、酔い止めを飲んでも飛行機のトイレに絶えずいなきゃいけない辛さ。

まるで指定席がトイレのイス状態。

さらに、トイレは(〜ピー〜を)流すのも恐いんです。

吸い込まれそうな気がします。

国内線を利用した場合にはリゾートで癒されるレベルに戻るまで
時間がかかりまったく癒されない。

快適な酔わない飛行機は何処が良いんでしょうね。

さて、話を普通の人向きに戻します。

タイ国内の移動はバンコクを基点として様々な航空会社が運航しています。リゾート地である島々は飛行機を利用すると思います。

そこで国内線への乗り継ぎの際は時間を考えて下さい。

乗り継ぎ時間に2時間くらい考えておいた方が良いようですし、
遅い時間に到着すると乗り継ぎが無く、そこで1泊なんてことも。

せっかくタイ王国を楽しむために来たのに
貴重な時間をつぶす事になります。

タイ国内へ入ってから交通機関を使ってみたい人もいるのではないでしょうか。

バンコク市内の公共交通機関として、
高架鉄道(BTS)、地下鉄(MRTA)が有ります。

他に路線バスやメータータクシー、運河ボートも有ります。

ところで、子供料金なのですが、基準が年齢では有りません。

地下鉄構内に目安となる身長測るキリンさんがいます。

90cm未満が無料で90cm〜120cm未満が子供料金となります。

そして高架鉄道なのですが、

同じく90cm未満が無料は一緒なのですが、
それ以上になるとこちらはみんな大人扱いです。

(ただし、子どもの日(1月の第二土曜日)は140cm以下は無料になります。)

そんな、交通の違いも観光旅行ならではの楽しみですね。
posted by gartan at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | タイでのあれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイでの仕入れ

タイで仕入れるというと市場を思い浮かべると思います。

水上市場なんて海外旅行へ来たとしみじみ思えるのではないでしょうか?

タイ国政府観光庁のショッピング情報にあるバンコクの市場を
あげてみるとチャトチャック・ウイークエンド・マーケット、
プラトゥーナム市場、バンランプー・マーケット、
パーククローン・マーケット、ボーペー・マーケット、
スアン・ルム・ナイトバザールです。

何が仕入れれるかというと、プ
ラトゥーナム市場は服飾・生鮮食料品を中心に、
ボーペー・マーケットは衣料品の卸売り市場で
地元の人も仕入れに来ます。

ワット・ポーにあるバンランプー・マーケットと
パーククローン・マーケットはお花がメインです。

スアン・ルム・ナイトバザールは
タイではじめての公営ナイトマーケットと言われています。

そしてバンコク名物の巨大マーケットであるチ
ャトゥチャック・ウイークエンド・マーケットは
その名のとおりチャトチャック公園で
毎週末の土曜日と日曜日に開かれる市場です。

タイ王国のお土産で、特産品として有名なのが
タイシルク、陶磁器、宝石また革製品としてワニ皮のバッグが有ります。

観光客をターゲットにしたおみやげ屋さんや露店に、
タイシルクや陶磁器は必ず有ると言っていいのではないでしょうか?

宝石はルビーとサファイアの産地として世界的にも有名です。

またバンコクにあるチャイナタウンには
金製品のショップが多いと言われています。

ただし、商品が高額なため自分自身が確かな目を持っている事と、
信頼出来るショップを確認しておく事が大切です。

同じく事前確認として、ワニ皮製品には国内外の持ち出し、
持ち込みに規制が有るのでそのあたりも調べてからがいいと思います。

そして、こうした観光地での店は、
その土地ならではの商品を並べていますが
高い(ぼったくり)な事が有ります。

暑い土地で、なめらかでつややかなシルクの肌触りは惹かれますが、
せっかく物価が安いところでに行くのですから、
地元の市場の(安全な)お店に出掛け心惹かれるまま
(サイフと相談しながらですが)色々仕入れて見てはいかがでしょう?

お宝が待っているかもしれませんよ。
posted by gartan at 15:29| Comment(1) | TrackBack(0) | タイでの仕入れについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国・義烏(YIWU/イーウー)への行き方

義烏へ行ってみたい。と思ってもさて義烏は何処にあるのやら?

中国は大きく広いですよね。

中国旅行。バブルの頃香港で沢山ブランド買って来ちゃったとか、
上海や北京に中国料理食べに行って来たとか、
ウーロン茶なら福建省さんでしょうとか。

でもイマイチ地理はわかっていない。って事で。

義烏は、首都北京より南へ東シナ海に面した浙江省(せっこうしょう)にあます。

浙江省は北は上海に接し南は香港の間に有ると思えばわかり易いです(おおざっぱです)。

浙江省の窓口になる杭州空港から南下し紹興酒で有名な紹興市と
金華ハムで有名な金華市の間にあります
(これもわかりやすいようにおおざっぱですので)。

浙江省の有名な観光スポットは省都の杭州市に集中していて
情報が少ないので、空港からは自力?
と思われたかもしれないですがバスも出ています。

まずは飛行機で出国。上海空港と杭州空港だと、
運航数16対2。

杭州空港だと東京か関空になるので地方の人が行く場合
日本国内の移動も考えないといけなくなります。

では上海かというと約300km離れているので
中国に入ってからの移動時間
(車で4時間くらいなので半日つぶれるかな)
を考えないといけなくなります。

上海空港と杭州空港に着いたとして、

それぞれそこから義烏までチャーターします。

杭州空港からが350元(ホテル安くしてもらって一泊代くらい)とすると上海からだとその約3倍だと思って下さい。

杭州空港から1時間半くらいです。

バスを使うと2時間くらい(杭州〜義烏で60元くらい)です。

鉄道なら上海〜杭州〜義烏で2時間弱
(等級にもよりますが100元くらいまた)
だと思っていたら良いようです。

チャーターにするかバスにするかタクシーにするか鉄道にするかは
予算と疲れ具合(車の移動より鉄道の方が乗り心地は良いようです)
で決めたら良いと思います。

義烏からはタクシー(日本より安いもの)の移動でいいと思います。
さて、「なんだか面倒くさい。」と思ったあなたは、
日本の旅行会社のツアーをチェックしてみましょう。

なにげに注目されつつある義烏ですが、
まだまだ日本語で商品購入出来るほど観光地ではないようなので、
通訳を兼ねたガイドさん付きのツアーの方が
海外旅行に自信のない方には安心できる料金だと思います
(安全保険料が含まれていると思えば安いと思いますが)。

まずは、海外へ行くのですからパスポートのチェックから始めて、
安全に楽しめれるように自分で計画立ててみましょう。

中国・義烏(YIWU/イーウー)の食べ物

義烏で食べ物は期待しないように。と語られる事が多いようです。

現地へ行ったら現地ならでの料理が食べたいと
思いつつ外したくないですよね。

中国料理を有名な4大料理(北京・上海・四川・広東)に分けると」
地理的に上海か広東のどちらかでしょうが、
グルメ旅行気分なら義烏でより、
途中の上海でいただく方が良いようです。

仕入れ市場で注目されている割に上海蟹は高いようです。

浙江省の義烏として考えるなら、浙江料理があります。

あぶらっこいイメージの中国料理とは違い、
淡泊で、香り高く、歯触りがよく、柔らかく、
爽やかな旨みが特徴の様です。

義烏の西側に隣接する金華市がありますが、
そこだけではなくこの義烏で作られたハムも金華ハムと言われ
特産品の一つとしてあげられます。

浙江は魚、蝦類の産地で知られています。

「百年魚」という鯉みたいな魚料理もありますが、
ザリガニ料理もありザリガニの素揚げをビール(安い)
片手にいただくのが美味しいようです。

(ただ、日本と同じく小川から取れたザリガニの衛生は保証できないようですが。)

最近、問屋街として注目されている義烏ですが、
もともと特に資源豊かだった訳でもなく、
中国の地方によくありがちな細々と農業し、
他の土地へ行商に出て生計を立てていた所のようなので
そこに根付いた中国何千年の食文化は期待できないのかもしれません。

問屋街と世界のバイヤーから注目され、
各国のバイヤーが入る事により韓国料理やアラブ料理の食文化が
入ってきたようで、それらが美味しいと言われているようです。


中国料理ではないですが、これも義烏で生まれた食文化です。

では中国の義烏に行って現地で中国を楽しむ料理を挙げるとしたら?
火鍋です。

火鍋が中国料理?モンゴル発祥じゃないと思われたあなた、
結局中国風の寄せ鍋じゃないと思われたあなた、
でも中国に伝わって漢方ととけあって花開いた食文化ですから
中国料理でいいじゃないですか。

日本でも流行り馴染みある鍋の一つですよね。

美味しいですよね。

辛いのが苦手と思っている人だけでなく
大好きな人でも真っ赤なスープは辛いようです。

日本人が中国の義烏へ行って現地を楽しむポイント料理は
ザリガニと火鍋。

または、日本人の味に合わせてある韓国料理。

もしくは、多少口に合わないかなと思っても現地の食堂へ。

「美味しい」、「美味しくない」のは日本の味と比較するからですよ。

現地で食べるものがそこ(義烏)の味ですよね。
posted by gartan at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイのドリンク屋台

タイの屋台でさっと調達できるものをご紹介します。

暑いタイでは、のどもよく渇きます。

そんな時目に付くのが、ドリンク屋台。

基本メニューは、カフェ(コーヒー)、
チャー(紅茶)、マイロー(ミロのタイ語)。
価格は10B〜。お安いですね!

ドリンクは、持ち手のついたビニールのような(笑)袋。

もしくは、プラスチックのカップに入れてくれます。

アイスコーヒーですと、
タイ語では、「アオ カフェ・イェン」。

アイスミルクティーは、タイ語で、
「アオ チャー・ノム・イェン」。

それから草ジュース屋台というものがあります。

ブアボック”という草のジュース(笑)
でも、ビタミンが豊富に含まれているんですって。

袋入りが10B、ペットボトルは20B程度。
砂糖が相当入っていて、かなり甘くそして青臭いそうです(笑)

オレンジジュース屋台もありますよ。

その場でオレンジを搾って作ってくれるので、おすすめです。

クワット・レック(小さい瓶)は10B、
クワッド・ヤイ(大)は25B。

新鮮なジュースがこんな破格で飲めるので是非!!
posted by gartan at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイのアイス屋台

ドリンク屋台のほかに、屋台のアイスもあるんです。

充実度もかなりのものですよ。

年中暑いという国なので助かりますね!

好きな味のアイスや具、トッピングを選んだ、
自分セレクトのアイスが、
5バーツや10バーツの1コインで買えてしまうのです。

バニラ・ストロベリーにココナッツ
タイの1コイン・アイス屋台はバラエティー豊富です。

タイのアイス屋台の種類は大きく分けて2つ、
バニラ味やストロベリー味などの
バラエティアイス屋台と、
タイならではのココナツを使ったアイス
ココナツアイス屋台の2種類。

アイス屋台の特徴は、
バイクに四角い銀色の保冷箱がくっついているスタイル。

これでどこでも移動できるのです。

アイスには、具(トッピング)を入れるのがタイ風で、
たとえばコーン(笑)

タイではお菓子の具になることが多いんですって。

あとは、もち米。雪見だいふくのような感じですね。

その他カボチャの甘露煮や
サツマイモの甘露煮になどいろいろあります。
posted by gartan at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイでは一般的の屋台のお惣菜屋さん

街中にある屋台のお惣菜屋さんは
タイ人にとってのお母さんの味。

タイは屋台や簡易食堂などの外食が盛んで、
値段もバリエーションも申し分なしなんです!

ですから一人暮らしは勿論のこと、
小家族の場合外食の方が安く済むこともしばしば。

うらやましいですよね(笑)

夫婦共働きである場合は、
夕食にお惣菜屋さんで買ってきたものが
並ぶのは当たり前のことなんですって。

バンコクの子どもにとって、お母さんの味は
馴染みの屋台の味?(笑)

目印は銀色のバットです。

お惣菜を売るお店は、
タイ語で「ラーン・カーオ・ゲーン」です。

メニューは大体、炒め系と汁物系に大別され
これをお皿に盛ったごはんの上にかけて食べます。

1軒あたりのおかず数は、大体10〜15種類だそう。
posted by gartan at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイで一般的な屋台のお惣菜屋さんについて

お惣菜といっても、カレーだってありますよ!

日本のタイ料理店でもよく見かけますね^^

現地では屋台で気軽にココナッツカレーが
安い値段で食べられるのもうれしいですね。

屋台のカレーを紹介しましょう!

「テーポー」という
パックブン(空心菜)を具に使った、
ココナツミルクたっぷりのレッドカレー。

「ゲーンペットガイ」
こちらは、鶏のつみれと丸ナスのレッドカレー。

赤唐辛子がたっぷり入って辛いです。

「ゲーンキアオワーン」
チキンのグリーンカレー。

緑色は、乾燥させた緑唐辛子の色。

唐辛子の辛さとココナツミルクのまろやかさ。

「ゲーンペットプラーノーマーイ」
魚と竹の子のカレーですが、
日本人にはちょっと匂いがキツイかもしれません。。。

「ゲーンソムホワチャーターオ」
大根をタ、マリンドが入ったすっぱい汁で煮たもの。

暑い時にはさっぱりしておすすめです。
posted by gartan at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美味しいバンコクの屋台のお惣菜屋さん

お惣菜のメインともいえるおかずです。
炒め物が多いですが、どんなものがあるか
ご紹介します!

「パットウンセン」
こちらは日本人にもなじみやすい味で
春雨を砂糖と白醤油で甘辛く炒めたものです。

「パットヨートマラメーウ」
炒めすぎるとえぐくなってしまうので、
さっと火を通すのがポイントのタイならではの青物です。

「パットガパオプラームックムーサーブ」
イカと豚のミンチが入っている
ホーリーバジルの炒め物です。

「パックファクトーン」
かぼちゃと卵を砂糖と白醤油で炒めたふんわり優しい味。

「パットパックルワム」
野菜のミックスオイスターソース炒め。シンプル!

「ネームパットカイ」
北タイの、発酵米で酸味をつけた
ソーセージと卵を炒めあわせた、酸っぱい料理。

「ノーマーイパットガイプムー」
たけのこの炒めもの。しゃきしゃきの歯ごたえです。

「パットペットムーパー」
豚肉の唐辛子炒め。赤い(笑)
posted by gartan at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。