2007年08月15日

ヴェネツィアのカフェ・フローリアン

カフェは、日本でも日常の生活の中で溶け込んでいて
当たり前のものですが、カフェの発祥地はイタリア水の都ヴェネツィアなのです。

今から280年前の1720年にヴェニスの
フロリアーノ・フランチェスコーニによっておこされた
ヨーロッパ最古のカフェがヴェネツィア 
サンマルコ広場にあるカフェ・フローリアン。

世界最古のカフェということなんです。

そしてこちらはカプチーノが絶品も絶品。

お砂糖を入れなくても甘くて十分に美味しいのだそう。

カプチーノにハートやクマの絵が書かれていて、
見た目でも非常に楽しめます。

プロシュートのサンドイッチを楽しみながら
サンマルコ広場に並ぶテーブルでは生演奏も聴けて
大鐘楼を眺めながら味わうシャンパンなんて、最高に素敵ですよね。

よく晴れた日のオープンカフェの醍醐味です。

少し寂びれた外見がレトロでこれがまた非常に落ち着いた雰囲気。

店内も非常に素晴らしいです。

壁に描かれた古い絵画など
洗練されながらも、心からほっとできる場所。

有名なワーグナーやフランスの画家のモネ、
ドイツ人ゲーテなどもここカフェフローリアンの常連だったのだそうです。

やはり、お値段もやや高めですぅ。。。

ユーロが高騰しているので、
少量のシャンパンが、25ユーロ=4000円以上!!
1ユーロの米ドルで計算してしまうと、とんでもない金額ということになります。(苦笑)

4〜10月の気行のいい時にはオーケストラの生演奏が楽しめます。
posted by gartan at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィーンの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51485939

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。