2007年08月15日

ニューヨークの超本格派チャイニーズ 小籠包

チャイナタウンに本店、フィフスアベニュー近辺に支店があります。

もし、雑多な感じがお好みなら、チャイナタウン本店。

また、お洒落な感じが好みならミッドタウン支店へ。

なんと言っても有名なのが、蟹粉小籠包(カニ肉入り)。

小龍包ひとつひとつがかなりのボリュームで
薄く、モチモチしたコシのある皮が美味しい。

肉汁が凄くてジューシー!!

具の中には蒸されて温まったときにジュワ〜ととろけ出るように計算されて肉汁のゼリーが練り混まれているんです。

かなり熱いので、レンゲの上に乗せ、
肉汁を逃さないよう、フーフー冷ましながらしながら食べるのです。

小籠飽は蒸篭に8個入りで、
あつあつのスープをチュっと吸って、黒酢をかけて食べるのですが
本当に美味しい〜!!

本場の台湾、香港、上海の老舗に負けないくらいのおいしさです。

カニ身入りのほうがコクがあり人気ですが
豚肉のみの小籠包もさっぱりした上品なおいしさです。

ライトな口当たりの青島ビールでおいしい小籠包!いいですね〜♪

ほとんどのガイドブックに紹介されていて、いつでも行列ができるんですよね。

チャイナタウンのほうが、ミッドタウン店より少し単価は安めです。

チャイナタウンのお店が、とても有名ですが
この店の周りには『小籠包』と謳っている偽のお店などの多数もありますので、
注意して、本物の味、中国4000年の歴史を楽しんでくださいね。
posted by gartan at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューヨーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。