2008年05月04日

タイのグルメのあれこれ

タイのグルメと聞いて、おいしいタイ料理を思い浮かべましたね。

トムヤムクン、トードマンプラー(魚のさつま揚げ)、
クウェティオ・パッタイ(焼きそば)、
ゲーン・キョワーン・ガイ(チキングリーンカレー)、
プーポパンカリー(カニのカレー)、
ヤムウンセン(パパイヤサラダ)、タイスキが、
ぐるぐる ぐるぐる頭をかけめぐりましたね。


タイ王国の観光地でグルメツアーの旅行会社の添乗員さんなら
早口言葉で練習し暗記しいつでもどこでもかまずに
言わなくてはいけない。

これらのあまくって、すっぱっくって、
カラい南国の魅惑的な刺激的な夏がいつでも味わえる料理の数々。

食べたいですね〜。

(こんなに前置き長いのに)でも、

タイのグルメです。

たまの刺激は必要ですが日本人なら鯛でしょう。

グルメとちょっと特別な感じがするタイと言えば魚の王様、鯛ですよ。

もちろん、一番美味しいのはもちろんお刺身。

生・生・生・粋のいい生で食べるのが一番。

プリこり食感の透き通るような白身。

お刺身醤油でも、すった山葵でも、ツマの薬味でも、
例外でイタリアン風にカルパッチョで、鯛の甘み、
ビネガーの酸味、胡椒の辛み。

(ここでもタイ料理のような不思議な美味しさに出会える)

あぁ、おいしい。

生だけじゃない。

春の桜の塩漬けがちょこんと乗ったほんのりピンクの鯛飯。

金目鯛は庶民の味、煮付けの王様。

丸々焼いちゃう塩竃焼きも最高です。

もちろん、おすましも最高。食べた後に残るタイのタイ。

可愛い我が子に説明して、うっかり欲しいと言われ、しまったと思い洗っても臭いはとれないのに渡してしまったお母さん。

日本人なら鯛のネタに困る事は無いと思われます。

挙式に招待されテーブルに必ず置いてあるタイ。

手を付けず、お土産にもらうものの帰っても食べない。

回転寿司のくるくる回るタイのネタもこんなもんかと、
安さに妥協してしまう。カピカピで美味しくないイメージですよね。

これらは、もちろんコストを抑える為にほとんど養殖の魚の王様とはちょっと威張れない鯛のようです。

「タイって言うほど美味しくない」と思った人は、新鮮な日本の(ちょっと以上に高い)鯛を食べてないからなのです。

スーパーの刺身コーナーで高そうに「鯛の刺身・特売品」って売っちゃうからです。

プロのお魚やさんでおすすめの鯛を買わないからです。

やはり高くっても鯛は王様なのです。

おめでタイの鯛なのです。鯛は日本の春の味なのです。

他国にグルメ旅行に出掛けた後は、
やっぱり日本の味がいいな〜と思いませんか?
posted by gartan at 16:19| Comment(43) | TrackBack(2) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイのドリンク屋台

タイの屋台でさっと調達できるものをご紹介します。

暑いタイでは、のどもよく渇きます。

そんな時目に付くのが、ドリンク屋台。

基本メニューは、カフェ(コーヒー)、
チャー(紅茶)、マイロー(ミロのタイ語)。
価格は10B〜。お安いですね!

ドリンクは、持ち手のついたビニールのような(笑)袋。

もしくは、プラスチックのカップに入れてくれます。

アイスコーヒーですと、
タイ語では、「アオ カフェ・イェン」。

アイスミルクティーは、タイ語で、
「アオ チャー・ノム・イェン」。

それから草ジュース屋台というものがあります。

ブアボック”という草のジュース(笑)
でも、ビタミンが豊富に含まれているんですって。

袋入りが10B、ペットボトルは20B程度。
砂糖が相当入っていて、かなり甘くそして青臭いそうです(笑)

オレンジジュース屋台もありますよ。

その場でオレンジを搾って作ってくれるので、おすすめです。

クワット・レック(小さい瓶)は10B、
クワッド・ヤイ(大)は25B。

新鮮なジュースがこんな破格で飲めるので是非!!
posted by gartan at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイのアイス屋台

ドリンク屋台のほかに、屋台のアイスもあるんです。

充実度もかなりのものですよ。

年中暑いという国なので助かりますね!

好きな味のアイスや具、トッピングを選んだ、
自分セレクトのアイスが、
5バーツや10バーツの1コインで買えてしまうのです。

バニラ・ストロベリーにココナッツ
タイの1コイン・アイス屋台はバラエティー豊富です。

タイのアイス屋台の種類は大きく分けて2つ、
バニラ味やストロベリー味などの
バラエティアイス屋台と、
タイならではのココナツを使ったアイス
ココナツアイス屋台の2種類。

アイス屋台の特徴は、
バイクに四角い銀色の保冷箱がくっついているスタイル。

これでどこでも移動できるのです。

アイスには、具(トッピング)を入れるのがタイ風で、
たとえばコーン(笑)

タイではお菓子の具になることが多いんですって。

あとは、もち米。雪見だいふくのような感じですね。

その他カボチャの甘露煮や
サツマイモの甘露煮になどいろいろあります。
posted by gartan at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイでは一般的の屋台のお惣菜屋さん

街中にある屋台のお惣菜屋さんは
タイ人にとってのお母さんの味。

タイは屋台や簡易食堂などの外食が盛んで、
値段もバリエーションも申し分なしなんです!

ですから一人暮らしは勿論のこと、
小家族の場合外食の方が安く済むこともしばしば。

うらやましいですよね(笑)

夫婦共働きである場合は、
夕食にお惣菜屋さんで買ってきたものが
並ぶのは当たり前のことなんですって。

バンコクの子どもにとって、お母さんの味は
馴染みの屋台の味?(笑)

目印は銀色のバットです。

お惣菜を売るお店は、
タイ語で「ラーン・カーオ・ゲーン」です。

メニューは大体、炒め系と汁物系に大別され
これをお皿に盛ったごはんの上にかけて食べます。

1軒あたりのおかず数は、大体10〜15種類だそう。
posted by gartan at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイで一般的な屋台のお惣菜屋さんについて

お惣菜といっても、カレーだってありますよ!

日本のタイ料理店でもよく見かけますね^^

現地では屋台で気軽にココナッツカレーが
安い値段で食べられるのもうれしいですね。

屋台のカレーを紹介しましょう!

「テーポー」という
パックブン(空心菜)を具に使った、
ココナツミルクたっぷりのレッドカレー。

「ゲーンペットガイ」
こちらは、鶏のつみれと丸ナスのレッドカレー。

赤唐辛子がたっぷり入って辛いです。

「ゲーンキアオワーン」
チキンのグリーンカレー。

緑色は、乾燥させた緑唐辛子の色。

唐辛子の辛さとココナツミルクのまろやかさ。

「ゲーンペットプラーノーマーイ」
魚と竹の子のカレーですが、
日本人にはちょっと匂いがキツイかもしれません。。。

「ゲーンソムホワチャーターオ」
大根をタ、マリンドが入ったすっぱい汁で煮たもの。

暑い時にはさっぱりしておすすめです。
posted by gartan at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美味しいバンコクの屋台のお惣菜屋さん

お惣菜のメインともいえるおかずです。
炒め物が多いですが、どんなものがあるか
ご紹介します!

「パットウンセン」
こちらは日本人にもなじみやすい味で
春雨を砂糖と白醤油で甘辛く炒めたものです。

「パットヨートマラメーウ」
炒めすぎるとえぐくなってしまうので、
さっと火を通すのがポイントのタイならではの青物です。

「パットガパオプラームックムーサーブ」
イカと豚のミンチが入っている
ホーリーバジルの炒め物です。

「パックファクトーン」
かぼちゃと卵を砂糖と白醤油で炒めたふんわり優しい味。

「パットパックルワム」
野菜のミックスオイスターソース炒め。シンプル!

「ネームパットカイ」
北タイの、発酵米で酸味をつけた
ソーセージと卵を炒めあわせた、酸っぱい料理。

「ノーマーイパットガイプムー」
たけのこの炒めもの。しゃきしゃきの歯ごたえです。

「パットペットムーパー」
豚肉の唐辛子炒め。赤い(笑)
posted by gartan at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ・バンコクの屋台のお惣菜屋にて買い物

屋台での調理は、ちょっとせまい、
台所のようなスペースで行います。

路上にコンロやまな板を持ち出しての青空キッチンも♪

注文は、好きなメニューを指差すだけというシンプルさ。

1皿あたりの値段は、選ぶおかずの種類数によって決まり
2種類で25バーツ、3種類で30バーツが相場だそう。

タイ人でも、料理名を言わずに指差すだけの人も多数いますよ。

お持ち帰りするとき、大勢で食べる場合は
ビニール袋(おかず1袋約25バーツ、ごはん5バーツ)に、
1人用のお持ち帰りは、発砲スチロールのボックス
(値段は1皿分と同じ)に入れてもらえます。

屋台のテーブルの上には、
唐辛子の輪切りを浮かべたナムプラー、ティッシュ、
お水、爪楊枝などが並んでいるのでセルフサービスで。

お水や氷は衛生的でない場合があるので、避けたほうがベターです。

タイ人は、スプーンを右手に、
フォークを左手に持って食べるのが普通です。

フォークでおかずやごはんを押さえて、
スプーンですくって食べます。

スプーンは肉を切り分けるナイフ代わりにも♪

エアコンの効いたレストランの食事もいいですが
たまには普段着のタイ人と肩をならべての食事もいいですよね!
posted by gartan at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイの屋台のあれこれ

タイ人は朝の渋滞を避けるため、
朝早くに家を出るのですが、その際、途中で買って
学校や職場で食べるのが一般的なのです。

マクドナルドに朝マックがあるように、
タイにも朝限定の屋台があるんですよ。

6時ごろから開いて10時頃には閉まってしまうんです。

タイ人は朝にどんなものを食べているのでしょう(笑)

バンコクの朝限定の屋台のご紹介します。

まずは朝の飲み物として定番の豆乳。

温かい豆乳に砂糖を入れて甘くするのがタイ流。

ビニール袋に入れてくれて、1袋6バーツ程度。

麦・タピオカ・黄色の豆・小豆や寒天などの具も入れられます。

そしてちいさな揚げパン、パトンコー。

タイ人にとって一般的な食べ物です。

練乳やバンダンリーフ風味のクリームをつけたりもします。

1つ2バーツ。

豆乳に黒ごまや小豆をまぜたものや、
かぼちゃやムラサキ芋のエキスなどの
健康系の飲み物を売るお店もあります。

あとは、日本人にもおなじみ、コーヒー、サンドイッチ、
ミックスサラダ、トースト、肉まん、焼き豚!
アメリカン・ブレックファーストも屋台にありますし、
小腹が空いた朝にぴったりのお粥もあるんですよ。

また、バンコク市の政策で、毎週月曜日は屋台の
路上販売が禁止になっているので、
屋台散策は月曜以外の曜日にしましょう。
posted by gartan at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク・チャイナタウンのレストラン

普段タイ人が食べてる美味しいものなら
やっぱりチャイナタウン!

タイ人の間でチャイナタウンは、
中心を貫く「ヤワラー通り」の名前をそのまま取って、
ヤワラーと呼ばれています。

クワイチャップという巻き麺をご存知でしょうか?

中国発祥の麺料理で、スープの中に
くるくると巻かれた麺が入っています。

よくあるクワイチャップはベタッとしているものが多いらしいのですが
チャイナタウンの一番人気店「ナーイレックウワン」のものは
コシがあっておいしいと人気です。

クワイチャップは、豚の血を入れた
黒っぽいスープのところが多いのですが、
ここは、あっさり豚骨スープです。

料金は、並が30バーツ、大盛りが40バーツです。

そしてこのお店の目と鼻の先にある「へーグングング」。

こちらはホイジョーというエビ(カニ)の湯葉包み揚げのお店。
湯葉というのがまたおいしそうですね。

ホイジョーカニ、エビともに50バーツです。

ヤワラー通りの、23番路地が、屋台密集地です。
posted by gartan at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイで食べる中華料理 肉まん編

チャイナタウンにはやっぱり肉まん。

散策のしがいがありますね。

ドッガン・ヤワラートというデパートの前にあります。

いろいろな種類があり、豚まんは12バーツ。

甘さひかえめのあんまんは、
茹でて潰した小豆を、そのまま詰められるだけ
詰めたかのような密度と濃度は和菓子の“金つば”並み。
1個10バーツ。

おいしそうだな、と思ったのがクリームまん。

卵がふんだんに入っているのやさしい味で1個10バーツ。

干しブドウ入りのものもあって、
黒砂糖が入っていて、他のものより黒くて甘い。

(干しブドウが入ってないのもあるそう。)

中身が入っていないので、外側は弾力があり、
中はふんわりとしている皮です。1個5バーツとお安いです。

1つ3バーツのシュウマイもあるんです。

中身は、エビと豚のミックスで皮が厚めで、
皮にはサツマイモを練りこんでいて、自然な甘みが特徴です。
posted by gartan at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイのチャナタウンで食べられるチープグルメ

その土地の美味しいものは、
やはり地元の人が一番よく知っていますよね。

ヤワラーの19番路地の入り口には、
マンゴン・カーオという、黄色い中華麺のラーメン屋さんがあります。

バミー・キアオ・ナーム(ワンタンラーメン)は
麺の縮れ具合が並じゃないので、スープが絡んで
とてもおいしいのだそう。

その近くには、「ブアローイナムキン・チャイナタウン」という
ごま団子汁の甘味屋さんがあります。

やわらかい皮の中には黒ゴマのあんがとろり!

しょうが風味の汁には甘みが無く、
テーブルの上の赤砂糖を、お好みで入れます。

1杯30バーツ。

もう一品、ボーキアという、
さまざまな具に、シロップと荒く砕いた氷をかけたものがあります。

10種類以上入っているんですよ。

銀杏、漢方ゼリー(味がない。笑)、
タイの氷菓子には欠かせない
濃厚な甘みと軽い酸味のカヌン(ジャックフルーツ)、
サクサクとした歯ごたえのクワイ、
ルークチャという植物から作る、
ルークチットと呼ばれる透明で固いグミゼリーのようなもの、
もち、大麦、寒天、小豆、サツマイモ、
などが入っています!

もちろん、それぞれの具を単品で食べるのも
組み合わせて食べるもOK。

これでたった20バーツ、安いです!!
posted by gartan at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

美味しいタイ料理について

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

タイに行くと沢山の美味しい料理があります。

タイカレー・タイラーメン・トムヤムクン・タイスキ・・・・

でもどうやって頼むんだろう・・・


屋台やレストラン・バスターミナル・長距離列車の中で
はたまたフードコートの使い方まで全部、体験してきました。


基本的には日本語・英語ともに通じないと思ってください。

それではどうやって頼むのか?

ゼスチャー&指差し&フィーリング?


半分は当たりです。

しかし、これではトンチンカンな量や全然違った料理が出てきます(断言)


そこで
簡単なタイ語を覚えましょう。


覚えられなければカンペを見てでもOKです。

かなり高い確率で希望した料理が注文できます。


現地で試してみてくださいね





まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

13.jpg
posted by gartan at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■無料動画あり■タイスキの食べ方



『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

日本人にも大人気!本場のタイスキに挑戦しましょう!

屋台料理よりは多少値が張りますが
絶対にお薦めです!

500Bも出せば、満腹です。


この料理はすき焼きではなく、しゃぶしゃぶですね。
鍋料理にも近い味です。

MKやHOT・POT
日本にもあるCOCA・CANTONなどがあります。

どこも写真付メニューがあります。
MKはの日本語メニューもあります。

サヤームスクエアのタイスキ店 MKの店内の様子が見れます。
http://1chainlife.com/tai-step/303sla.html

食べ方はだし汁に具をどんどん入れて
好みのたれにつけて食べます。

メニューがありますので、指差しで注文できます。
初めてのときはセットメニューがお薦めです。

分からなかった店員さんに聞けば、ゼスチャーで教えてくれます。

追加も単品で出来ますし、だし汁は言えば何度でも
継ぎ足してくれます。

美味しいからと言って注文し過ぎには気をつけてくださいね ^^


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!




まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m

★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

posted by gartan at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フードコートで気軽に美味しいタイ料理を食べよう!

P1000690.JPG

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

ショッピングセンターなどにあるフードコートに挑戦しましょう!

屋台料理よりバリエーション豊富で実際の料理を指差しで注文できるので
絶対にお薦めです!

200Bも出せば、満腹です。

大きいショッピングセンターには必ずと言っていいほど
フードコートが入っています。

MBKセンター6F
セントラルデパート・チットロム店7F
サヤーム・センター4F

などに入ってます。

絶対、日本人の好みです(断言)

はじめに現金をクーポン(食券)に買えます。
それを好きなブースで使います。

好きなところに座って構いませんし、どこも店で
買い物してもOKです。

ですので数人で行くと楽しさ倍増です!

食べ終わったら、余ったクーポンは「REFOUND」のブースで現金に
換えてもらってくださいね。

美味しいからと言って注文し過ぎには気をつけてくださいね ^^


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!




まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html
posted by gartan at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■動画あり■現地タイではどんな食事場所があるのか?

P1000946.JPG

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回はタイでの外食事情を紹介します。

旅の楽しみである食事・グルメ!

いったい、タイではどんな食事場所があるのでしょうか??


何度も現地を訪れている私が日本人に合う外食について書きます。


●レストラン


タイ料理・タイスキ・シーフード・中華から和食まで色々とある。

ほとんどの店に英語メニューがあるので、想像しながら注文することになる。

お薦めをウエイターに聞いて、それを頼むのも旅の醍醐味です。

チップは不要だが、超高級レストランはおつりを上げると
感じがいいですね ^^




●屋台・フードコート


麺は麺屋 フカヒレ屋はフカヒレ屋と一軒づつ分かれている。

大型店は野外レストラン的なムードもあり
メニューもある場合がある。

ない場合、食材そのものを指差し注文といい。

最低 30B〜60Bほどで利用可能です。


パッポン通りの屋台での注文の画像が見れます!
   ↓     ↓
http://1chainlife.com/tai-step/109uju.html


●食堂


メニューがある店とない店がある。

メニューがない場合、他の客を指差すといい。

多少、ギャンブル性がありますが・・・・



●バスステーション・鉄道駅


どこでも簡単な御飯処がある。

外国人になれているので、多少の英語は通じる場合があり、
ゼスチャーでも問題なく注文できます。

沢山食べても30〜40Bくらい

●その他
ファーストフード・コンビニ

タイ料理や水がどうしても合わない人には重宝する。
タイ料理より割高だが日本やアメリカと同じ味が楽しめる。

マック・バーガーキング・KFC・ピザハット・ミスタードーナッツ
セブンイレブン・ファミリーマートなどがあります。



支払いは通常、食事後に払います。

日本の居酒屋の精算のように
手を上げて、「チェック!」と言ってください。


タイでも精算は「チェック!」といいます。

現地の方も同じです。



もっと濃い映像や深い内容のテキストはこちらからどうぞ!
  ↓     ↓
http://1chainlife.com/tai/



この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!




まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m

★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

posted by gartan at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■無料動画あり■タイ料理をスマートに食べるマナー

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回はタイでの外食のマナーについてです。

旅の醍醐味・楽しみである食事・グルメ!

いったい、タイではどんなマナーがあるのでしょうか??


何度も現地を訪れている私がタイの食事マナーついて書きます。

基本はスプーンとフォークで食べます。

お箸がある場合は使ってください。


一口で食べれない大きさのものは、食べる前に小さく切ります。


汁物などは皿やドンブリに口をつけてはいけません。

日本のラーメン屋ではドンブリごと、スープを飲んでも
不自然ではありませんが、タイではマナー違反です。

スプーンやレンゲで汁は飲みます。

注文は手を上げて店員を呼び、メニューがある場合は
メニューを見て注文します。挿画で見たほうが分かり易いかも知れません。
  ↓     ↓
http://1chainlife.com/tai-step/211wml.html


汽車などで売り子が売る
カオニャオと呼ばれる、炊いたもち米は必ず右手で食べます。

食卓にカオニャオが出された場合は他の料理も右手で食べても構いません。

レストランでは箸などでカオニャオを食べても大丈夫です。


麺類などは卓上にある調味料で
この味付けをしてから食べます。

ナンプラー(薄口しょうゆの色)・とうがらし入りのお酢(透明)
砂糖・粉とうがらしの4つが必ずあります。

料理によってチリソースがある場合もあります。


調味料がない場合は「ナンプラー」「チム!」といえば持って来てくれます。


タイ人に言わせると「混ぜれば混ぜるほど美味しくなる!」との事です。


氷入りの水やお茶が出てくる場合もありますが
水当たりするといけないので、自分で注文しましょう。

市販のミネラルウォーター・コーラ・ビールは大抵置いてあります。



支払いは通常、食事後に払います。

日本の居酒屋の精算のように
手を上げて、「チェック!」と言ってください。


タイでも精算は「チェック!」といいますのでご安心を!!


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!




まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m

★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

posted by gartan at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確実に美味しいレストランを見つける方法

P1000793.JPG

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回は美味しいレストランの見分け方についてです。


混んでいる店に入るのが絶対にいいです。

基本ですね。ハズレがないので実践している人も多いでしょう。


現地人が多く、活気のある店は間違いですね。

レストランでも屋台でも混み具合でバロメーターになります。

食べる・食べないは別として、人気店をチェックして、次回の予定を立てましょう。


強引な客引きのいる店はぼられる可能性が高いです。

これも真実です!!

中には「安い」「美味しい」など日本語で客引きする店もあります。
そういう店はパスして構いません。

いい店はそんなことをしなくても繁盛するし
強引な客引きでいい店に当ったためしがありません。

ハズレも経験としていいかもしれませんが
短い滞在期間ですから、なるべく避けたいのが本音ですね。


食事・レストラン選びに不安がなければ、さらに楽しい海外旅行となるでしょう。


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!





まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html
posted by gartan at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイのめずらしいおやつ

『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回はめずらしいおやつについてです。


竹に入ったもち米のお菓子が街中で売られています。

それが『カオラム』なのです。
竹に入ったカオラムは、一本10バーツ(約30〜40円)

これは青竹の中にバナナの葉、あずき、もち米、
ココナッツミルク、砂糖 を炭火焼で蒸し焼きにしたものです。

カオラムは、竹にナイフで切り込みを入れて、
竹を割き、竹の断片で中身を出して食べます。

甘くて香ばしいお菓子です。タイの子ども達に大人気です。

日本ではお目にかかれない面白いおやつやドリンクも注文するだけで
ワクワクします。

バイクでテーマソングを鳴らしながらやってくる
パンにアイスを挟んだおやつも大人気ですし
シェイクの屋台も若い子に大人気です。


いろいろと試してみれば、さらに楽しい海外旅行となるでしょう。


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。



最後までお読み頂きありがとうございました!



まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m


★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html
| garkunroborobo | タイのおやつあれこれ | comments(0) | - |
posted by gartan at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

■無料動画あり■タイ料理の食べ方 実践編!

P1000687.JPG


『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。

今回はタイ料理の食べ方を紹介します。

ほとんどの料理は卓上にある調味料で
この味付けをしてから食べます。


食べ方の見本が動画で見れます!
 ↓    ↓
http://1chainlife.com/tai-step/212ruk.html


ナンプラー(薄口しょうゆの色)・とうがらし入りのお酢(透明)
砂糖・粉とうがらしの4つが必ずあります。

料理によってチリソースや料理に合ったたれが
出て来る場合もあります。


調味料がない場合は「ナンプラー」「チム!」といえば持って来てくれます。
タイ人に言わせると「混ぜれば混ぜるほど美味しくなる!」との事です。

鳥のから揚げなどは甘いジャムのようなソースにつけて食べます。

安くて、つい頼みすぎた場合
店員に
「アオクラップバーン=家に持ち帰る」
「サイ プラスチック=ビニール袋に詰めてください」
と言ってください。

大体、どの店でもテイクアウトにしてくれます。

驚く事にスープのある麺類までビニールに入れて
持ち帰り可能なのです。


頼みすぎて失敗したなぁ〜と諦めないで、是非、お試しあれ!


もっと濃い映像や深い内容のテキストはこちらからどうぞ!
  ↓     ↓
http://1chainlife.com/tai/


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!



まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m

★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

posted by gartan at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★無料動画あり★タイの屋台での注文の仕方 実践編

P1000864.JPG

 『初めての方でも簡単に
    海外グルメ旅行を楽しみながら
       さらにじゃんじゃん稼ぐ方法!』

 たった一回の仕入れで26万円も儲かっちゃった\(^o^)/

  ↓    ↓
 http://oversea-buyer.com/ic.htm

の著者 山口裕一郎です。



今回は屋台での買い物実践編です。


タイ国内・バンコク市内のいたる所に屋台が出てます。

ほとんどタイ語しか通じないので指差し注文でOKです。

簡単な数字や素材名などタイ語で言えるとさらにいいですね。
  ↓   ↓
http://1chainlife.com/tai-step/315zis.html


これはガイヤーンといって地鶏の焼き鳥です。
そのままでもイケますが、タイ独特の辛いタレにつけて食べてもいいです。

大抵タレをつけてくれますが「チム」といえばタレをくれます。

駅の周辺等はシーフードをはじめ沢山の屋台が出ます。

どれも安くて美味しいので、旅行者は楽しめます。

おなじアジア件なので食文化が日本に近くハズレも少ないです。

どんどん挑戦してお気に入りの味を見つけてくださいね。



もっと濃い映像や深い内容のテキストはこちらからどうぞ!
  ↓     ↓
http://1chainlife.com/tai/


この無料ブログセミナーの基本コンセプトは、
読者さんが海外旅行を楽しんで、そして儲けてWIN-WINになることです。




最後までお読み頂きありがとうございました!



まぐまぐから無料メルマガをはじめました。

さらに濃い情報を書きますので、ご興味のある方はご登録下さい m(__)m

★英語力がなくても海外で対等に渡り合う冒険人生実践会★
http://www.mag2.com/m/0000234502.html

posted by gartan at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。